Posts in Category: 2010 前半

やすらぎ

R0010285.jpg

探してみたら、意外と近所にそんな店はあった。
まず、すいていること。
落ち着いていること。

 

R0010292.jpg

カリモクのいす。
飲み物を頼むと、20分くらいして出てきた。
スローライフ的なのを提案されているのか。
でも個人的には全然気にならない。
だってゆっくりしに来ているのだから。

週に4日しか営業してない。

 

R0010291.jpg

ボラスのパネル、ルイスポールセンの照明。
たぶん。
別に北欧ファブリックにそんなに興味がある訳ではないけど、好感はもてます。

 

 

非日常

DSC_0894.jpg

知らない街の知らない店に入ること。

所用で、都心ではなく地方の、でも地方都市ではない街へ。
駅を降りた時点で空気が違う。
人も少ないし、空間が大きい。
うだるような暑さの中で気を確かに。

用務を済ませ、あまりの蒸し暑さに休憩しようという事に。
【空】という店に入った。

 

DSC_0895.jpg

全然知らない街で偶然入った良い感じの店。

家の近所にもこんな店があればな、なんて話をしながら、実はそんなに探してみてないことに気がつく。

 

つづく

 

 

 

Ginger Ale

【n.e.oプレミアムジンジャーエール】
普通はジンジャービアか、ウィルキンソンのジンジャエールを使うことが多いと思うけど、たまにはこんなのも良いかと。
ウィルキンソンほどの辛味はないけど、濃厚で、というか生姜そのものが入っている。

【石垣島ジンジャーエール】というのもあるらしい。
使ってみたい。
あと今度は銅のマグが欲しいな。

Jindai Botanical Gardens

R0010245.jpg

神代植物公園

 

R0010262.jpg

熱帯植物の大温室。
梅雨前の涼しい気候に、湿潤な空気が心地良い。

R0010259.jpg

R0010263.jpg

幼馴染みが、不思議な花があると言うので見に行く。

これが【翡翠葛】。
ヒスイカズラ。

星の数ほどある花の中で、ひときわ異彩を放つ。

 

R0010282.jpg

妖怪おどろおどろ(たぶん)

 

 

思い出横丁

【ピロオ】が来た。
出張で東京に来てるから、今から来いとのこと。

流れで、なぜか【ピロオ】の会社の先輩を交えて飲みに。
しかも思い出横丁。味があった。不思議な日だ。

隣に居た外資系企業の社員と番号交換した。なんでだっけ。
不思議な夜だった。

 

モノクロ

知り合った写真のひとに。

ひとえにモノクロといっても十人十色の形になるのが面白いし難しいです。

 

蝶の舌

ラスト5分は泣けた。
ほらほら感動の押し売りじゃないでしょう。良い映画は。

 

ヨーゼフホフマンのキューブスがやっと来た。じゃなくてクーブス?なのか。
突っ込まれる前に言っておくと、リプロダクトだから。

 

 

Last Dance

課せられた題目を、発表しなければいけない。

皆が自分に注目する。
次第に焦りが生じてくる。
集中できない。

どうしても、次のひとつが出てこない。

自分のせいで、皆が迷惑しているのでは。
そう考えれば考えるほど、意識は拡散していく。

出来るんだろうし、やってみたい。
もう無理だから、次の人にまわしたい。
そんな葛藤もにじみ出る。

背中を、冷たい汗が伝う。

と、そんな夢だった。

今回は何かの授業という場面だったけど、人生でこんな感覚は何度かあったような気がする。

努力で乗り切るほどの時間は与えられない。
失敗したからといって、傷が残る訳ではない。

そんな忘れてしまうほどの小さな壁と、きちんと向き合って来れたのか。

 

しかし空が青い。

 

雲も膨らみがいがあるってものだ。

今朝は、きたかんとうも青い空だって教えてもらった。

 

ある晴れた日の踏迷い 2

賽銭箱に小銭を投げ入れる。
別にお参りをしたかった訳じゃない。

快晴で、それでいて暑すぎない
ギリギリな気候。
こんなチャンスはなかなかないので、
久々に知らない街に行って、迷ってみることにした。

ふらりと訪れた先の住宅地、
石段を登った先に小さな神社があって、
境内では子どもが遊んでいた。
神主がいたので挨拶して、形だけ手をあわせた。

ふと、妙な感覚に襲われる。
既視感のようだけど違う。

待って、この神社知ってる。
この神社知ってる!

まだ学生だった頃、短期のバイトで
真冬の雪が降るなかで働いたことがあった。
あまりの寒さに耐えきれず、こっそりぬけだした。

温かい飲み物を買って、
通りかかった神社に勝手に忍び込んで
寒さを凌いだ。
孤独な気分だった。
二度とここに来ることはないと思った。

まさかこんな形で再び訪れることになるとは。
その節は大変お世話になりました。
小銭で、許していただけるのでしょうか。

Sky Lounge

招待いただいたので、友達の誕生日のホームパーティに。
ってレベルじゃないこれは。

DJも招いて盛り上がってた。
結構シャッターきってたら、すっかりカメラマンに間違えられたり。

料理に携わる人が多くて、食事も充実。

 

コルドンブルーのパティシエさんのケーキ(食べれず)。

それから、RICOHのカメラ持ってる人はやっぱり多かった。
GX使ってるかたがいたので、そのカメラはあそこがどーだとかあーだとか言ってたら…

RICOHの会社のかたでした!!

ご無礼をお許しください!
それでも、ユーザのいち意見として聞いてくださいました。
ほんとうに恐縮です。

ところで連絡先とかを交換するとき、もうプラットホームが多すぎて。
普通に名刺、でメールアドレスからFacebookとかMySpaceとか、ブログとかmixiとかTwitterだとか、ギルドカード…とか。

アカウントはあるけど、まとめられたら楽なんだけどな。

 

 

外郎

おみやげのういろう。
ういろうが元来薬だったってみんな知ってるんだろうか。
知らなかった。
効能は…万能薬のようだ。

 

そして打ち合わせ。

 

杞憂

温かいアイス。

外国のタレントが、日本のバラエティに出るのを見るとハラハラする。

今日はミックスの確認と、アーティストのデザインをします。

 

 

プール

もう花見も最後かな。

【薫る風を切って公園を通る 汗をかき春の土を踏む】

 

都内最大級の公園。
めちゃくちゃ広い。
なんて開放的。なんて自由な空間。

都内最大級の歓楽街で、朝まで飲んでいたなんて。
なんだか信じられない。

 

素晴らしい時間は続いて。
『プール』のDVDがでたのでさっそく。

取り扱うテーマの温度は高いのに、感動を押し売りしないところが大好きだ。

 

インスタント沼

朝すごいはやく起きて、散歩と朝食。
しかしなんと【カタネベーカリー】は定休日。

 

ケーキ屋【Concent】でとる。
今年で8年目だそうだ。

 

夜は目黒川のさくら。

 

Solfa

 

Dj O.T.O

 

朝まで飲み。

DVD観て寝ていいかな。
これからは観たものがタイトルにくることがあるようだ。

 

ある晴れた日の踏迷い 1

午後からは少し風が出てきて、寒さと温かさが半々に。

発送しなければいけない郵便物がたくさんあって、
まとめて送るために、宅配便の集荷所まで足をのばす。

―はずが、道に迷う。
道に迷うことは稀なんだけど、おかしいな。
迷うのは嫌いじゃないから、それを楽しみたいけど
仕事しないといけないので今日はあきらめ。

道沿いに花壇があって、わからない名前の花が咲いている。
その花壇をいじっている老人に道をたずねた。
花壇いじっている老人に、悪人はいないだろうという読み。
そしてやはり親切だった。

数人の学生服の生徒たち。
胸にコサージュつけてるのを見て、
ああ、そういえばそんなシーズンかと気がつく。

そこへ女の子、
「〇〇先輩のボタンが欲しいんですけど!」

おい未だにそんな行事があるのか。
って過去の自分を思い出そうとしても、よく思い出せない。
いたようないなかったような。

たぶんいたよね。