常盤ゆう『nyu:』

nyu

常盤ゆうさんのアルバム『nyu:』の楽曲をプロデュースしました。

『nyu:』アルバムサイト
https://www.popsicleclip.com/miobell-records/nyu/

バンド risette、you & me together、ぱいなっぷるくらぶのヴォーカリストであり、pop’n music をはじめ音楽ゲームBEMANIシリーズの楽曲にも長きにわたり多数歌唱で参加している常盤ゆうが、「歌手  常盤ゆう」としてアルバム『nyu:』(ニュー)をミオベルレコードよりリリースする。8月8日に12インチアナログレコードを、9月12日にCDをそれぞれリリース予定。

今回のプロデュースには、音楽制作ツール『Ableton Live』の日本における認定トレーナーで、SEKAI NO OWARI など現役プロミュージシャンへの指導をはじめ、数多くのセミナーや研修のゲスト講師も務めている森谷 諭と、シンガーソングライター Ricarope のプロデュースや the Caraway など多数のバンドでプレイヤーとしても活動している及川雅仁、そしてポップスバンド”The Little Red-Haired Girl”(L.R.H.G.)のメンバーで、音楽プロデュースやアレンジャーとして活動している小栗 秋とpaveuの3組が2曲ずつ制作を担当。60年代洋楽風なサウンドから10年代EDMまで、まさに時代もジャンルも飛び越えた楽曲達を、常盤ゆうが歌手に徹して歌いこなした異色のアルバムになった。なお及川プロデュース曲には編曲やギターなどで黒沢秀樹(L⇔R)も参加している。

nyu2

nyu: / 常盤ゆう
miobell records / JAN:4543807370021
価格:2,200円+税

1. トリイマエマチ・ストライプス
2. Season of my love- シーズン・オヴ・マイ・ラヴ -[Album Mix]-
3. Don’t look back
4. 泳ぐ魚
5. Stranger- 夜を駆けるストレンジャー –
6. Tonight

Nogizaka

進行中の企画のため、またまた乃木坂にあるソニーミュージックスタジオに。

汎用音源のマスター制作を終えたあと、アナログのLP用のマスタリング、ソニー独自の謎技術によるハイレゾ音源配信用の処理、それから今日で何回目だろうか。
アナログ盤のカッティングは、ロンドンにある THE EXCHANGE MASTERING STUDIO のエンジニア、Graeme Durham 氏に依頼して、マスターがあがってきたそうなのでそのサウンドチェックをする。

そんなの自分に違いが判るのか、と思ったが結構違った。

毎回、ソニースタジオのマスタリングエンジニアの酒井さんからは、音質変化の仕組みとかそれに対する音処理の話、それから制作側の裏話とか機材の話、メーカーと政治的な話まで、仕事の範疇を超えてご教示いただく。

 

しかしあぶない。

一歩間違えると沼だ。

 

2017. 10. 29 六本木 TORA! TORA! TORA!

2017年10月29日(日)
Open 13:30 / Start 14:00
六本木 TORA! TORA! TORA!
東京都港区六本木3-4-35 SANKO BLDG.1 地下1階
http://www.toratoratora.info

[お問い合わせ ]
LRHG “The Little Red-Haired Girl”
info@lrhg.info

Hallelujah

p1030431

レナードコーエンが亡くなった。
2016年も作品をリリースするなど、シンガー・詩人として82歳まで生涯現役だったそう。

世界中でカバーされた、『Hallelujah』が収録されたのは、1984年発表の『Various Positions』。
まず、1988年にボブディランがライブで演奏。
メロディはラフで旋律の上下が少ない「あの感じ」で歌う。

それからベルベットアンダーグラウンドのなんとかさんがスタジオアルバムに収録。
これはピアノの弾き語りで、耳なじみの良いストレートな表現だったはず。

 

p1030430

そしてジェフバックリー。
収録されたのは亡くなる3年前の1994年に発表の『Grace』。
それからたぶん世界中の人がそれに続く。

 

例に違わず、十数年前に自分も録音した音源。
探して聴く。

ちょっと聴いて、そっとヘッドホンを置く。

シリーズ道祖神 #4

P1030505

青面金剛ゲットだぜ!

シリーズ道祖神 #3

またまた道祖神ではなく、庚申塚。
大松木之下稲荷大神の境内にある。

シリーズ道祖神 #1に、阿修羅観音かな? などと書いたが、適当なこと書いて反省。
庚申塚で多くお祀りされているのはこの【青面金剛】タイプであり、左にある庚申塔は寛政4年(西暦1792年)に建てられ、これは青面金剛、日月(ひづき)、一鬼(いっき)、三猿を刻んでる。
右のは時代不明。

青面金剛は。
ご存知、道教由来の三尸説があったり、密教の軍荼利明王に似ているという話もあったり、てことは梵語のクンダリニーがルーツなのは想像できる。
また、庚申塚の「申」は猿田彦神だろうし。
と思いきや、南方熊楠によればヴィシュヌ神が転化したものではないかという。
ごちゃごちゃと民間信仰の中で、独自の結びつきと、こじつけで形づくられた感じ。
要するに、近距離パワー型の神様だ。

おめでとうございます

nenga_2016

つごもり

neko

夏ごろから始めてつい先日まで掛かった、小中学校の音楽の教科書デジタル版に収録される音楽の制作。
今年一年を振り返ってみると、それが一番長期の仕事だった。

某出版社の音楽の教科書の内容が、PCやタブレットなどで確認できて音楽も再生できるといった教材。
テーマは決まっているので、それにそった音源や楽譜の編集などを担った。

現在そういったものがどれくらい普及しているのかはわからないが、我々が子供の頃の音楽の授業といったら、カラー用紙の手書き歌詞をマグネットで黒板に貼っていたのが思い出される。
けっこう好きだったんだけど。もう今はないのか?

 

お宅のお子さんも、来年の春から使うのかもしれません。

シリーズ道祖神 #1

P1020617

道祖神、と思いきや。庚申塔。

阿修羅観音だろうか。
【元禄十五年】と今なおはっきりと読める。
それが本当なら、西暦1702年。
江戸時代、忠臣蔵で赤穂浪士が討ち入りした年。

この道は、枝分かれした道が集まるように交わる場所で、適当に歩いていたり、道に踏迷ってウロウロしていると、だいたいこの場所に出る。
きっと昔からそういう場所だ。

 

P1020609

庚申塔を背に西にすこし歩くと、地蔵。
と、なんだろう、石仏。

親しみを込めて【お地蔵さん】と呼ぶけど、そこはばっちり菩薩なので、如来の次くらいに偉いのかな。
偉いって言う表現はちょっと違うか。

地蔵は立場の弱い民衆に寄り添って見守るところから、神仏習合では道祖神的な側面もうかがえる。
鎌倉時代に武士を中心に信仰された将軍地蔵は、【シャグジ】を将軍という字にあてたという説がある。

【シャグジ】っていうのは?
シャグジよりも、【ミシャグジさま】って言ったら、結構みんな知っているのでは。
さかのぼれば弥生時代くらいからの信仰の対象で、依代は石だったり樹だったり、また白蛇だったりする。
柳田翁によれば、塞の神だとも。地域の境界を守ってくれる。境界=道。
【さいのかみ】を変換すると、【道祖神】とちゃんと候補が出る。
とはいえ、この辺りは諸説ありまくりなので深い沼に。

この場所から南西に歩くと、石神井という地名と石神井神社がある。
石神というのがミシャクジさまと同義だというのは容易に想像がつきます。

高尾山

03

人生初高尾山

 

02

隈研吾による設計の駅舎

 

01

ケーブルカーとリフトは120分待ち